医療現場で働こう|理学療法士の資格は専門学校で取得

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

開業するために

鍼治療

鍼灸の仕事はステンレス製の鍼をツボにさして痛みの緩和を行っています。資格取得を目指す時には学校の特徴を確認しておくと通いたい学校をスムーズに選ぶ事ができるでしょう。

読んでみよう

医療現場で働こう

治療

理学療法士の仕事は病気や事故が原因で身体に障害を抱えてしまっている人や高齢により身体機能が衰えてしまった人に対して、リハビリを行っています。勤務場所は病院が多く、入院患者相手にリハビリを行うときもあれば通院患者を対応するときもあります。医療現場の仕事に含まれている理学療法士になるには国家資格に合格しなければなりません。独学で資格を取得することができないため、理学療法士になりたい人は専門学校に通う必要があります。大学に通うことで資格を取得することもできますが、専門学校なら3年間で卒業することが可能なので比較的早く就職できます。高校卒業後、理学療法士になるために専門学校に進学する人もいますが理学療法士には年齢制限がないので誰でも学校に通うことができるでしょう。専門学校には昼間コースと夜間コースの2種類あります。昼間は主に年齢が若い人たちが集まっていていますが夜間の場合だと、日中働いている社会人の人が主に通っているので年齢層も高くなっています。老人ホームや訪問リハビリ、病院など様々な場所で働くことができる理学療法士は、資格を持っているだけで簡単に転職することができます。完全週休2日制で残業することもないので自分に合った働き方を選択することができるでしょう。ハローワークや転職サイトを利用すると簡単に求人を見つけることができますが、専門学校に通っている人は学校に直接求人が届くので安心です。実習先で良い結果を残すことができれば卒業後、そのまま就職することができるかもしれませんね。

専門分野を確認しよう

お灸

鍼灸師になるためには資格取得が必要です。仕事内容はほとんど同じですが専門分野があるので学校を選ぶ時にはしっかりと確認しましょう。仕事内容を紹介しているサイトを確認するといいですよ。

読んでみよう

人気がある学校の見分け方

ナース

看護学校の合格ラインは大学や専門学校に比べてとても高くなっています。レベルが高い学校は偏差値も高くなっているので入学も難しいでしょう。合格を目指す時には自分が通える学校を選びましょう。

読んでみよう